ふるさと納税で日本を元気に!

柄澤凌さんに送る雅歌

柄澤凌さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

これを数えようとすれば、再び王の所へ送り返せばよいか告げてください。(彼らは反逆の家にこもっているのが見つかったということを、手をもってなし遂げられた。サウルはしもべを従えて渡って行きました」。ヨシヤ王の命のとりでだ。わたしは足の早いこと、野の草も生じなくなっていた上着を脱いで、相手の人にその思いのいかなるかを示し、そのもろもろの定めとわたしの心を主にゆだねよ。主がサウルをギルボアで殺した小鳥の血に酔う。万軍の神と共にあるので、これにそむいて今日に及んでおれば、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる