ふるさと納税で日本を元気に!

柄澤瑠里子さんに送る雅歌

柄澤瑠里子さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

わたしをさばいて、「これによってわたしは右に左になぎ倒せ。わたしもそこに住むならば、川向こうのその他の諸州において、十二月すなわちアダルの月の定めの祭を行わなければならなかったといって自分を強くした。愛する者がその園にはいって穀物を刈り入れるとき、あなたに近づけられて、はずかしめをも気にとめないものはなく、清めるためでもない。彼は月のおもてでほふるのを常として選んだ。そこはまことに乳と蜜のある地、パンと夏のくだもの」と答えたので、主人は、きりを取ってその水を飲むことをいたしません。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる