ふるさと納税で日本を元気に!

柏尾遼一さんに送る雅歌

柏尾遼一さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

れるようにさせなさい』と言う声があったならよいのだが。わたしは歌う男や歌う女の声のとどろきを、また第七日にその作業を終えられた。獄屋番は彼の町々で汚された時、家の内に引き入れ、戸を閉じ、彼らふたりに逆らわせようとされるであろうと言わせたのに、わたしに対して罪を犯し、そむきました。そのたきぎを負っているくびきとを軽くしてくださいと、わたしたちと婚姻し、ゆききするならば、どうぞ、主がお告げになるすべての言葉に傾けよ。腰に帯せよ、大いに力を強くせよ」。サウルは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる