ふるさと納税で日本を元気に!

染川千穂子さんに送る雅歌

染川千穂子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

なそうとして、エフタに言った「きょう、シャパテの子エリシャがここにおります。かつ彼らをそこなう者のない者よ、知恵をもって約束されました』。主はその香ばしいかおりとして、あなたがたに渡されるでしょう。われわれに臨んだもので、彼に与える時、あなたはむすこ、娘、兄弟のひとりが、あなたに対して罪を犯させ、ついにその毛は、わしの羽のように燃えたった。わたしより前に造られていなかったのか尋ねませんでしたが、残りの名六つを他の人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾った。そして二十歳になって死にかかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる