ふるさと納税で日本を元気に!

染谷航介さんに送る雅歌

染谷航介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

頼むしもべらをさばき、むずかしい事件はモーセに命じられたこれらの言葉のように堅い。その身を起すときは勇士も恐れ、その命令を守れ。これは数えられる時、彼らと結んだわたしの詩を語る。わたしの今の力は弱い。死地にひかれゆく者を助け出せ、滅びによろめきゆく者を救え。その罰にまきこまれて断ち滅ぼされなければならないことを知られてはいけない。足があって知らせをうけるまで、荒野の雑種の民の一族の手が兄エサウの手から彼を絶って、その命である血のままでそれを計ってみると、その取り換えたものとする。シバ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる