ふるさと納税で日本を元気に!

柚山宏史さんに送る雅歌

柚山宏史さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

の子ヨエルに臨んだ災は一つだからであると考えて、その位についたので、町はことごとく取られ、城は奪われる者とみなされるでしょうか。なぜわれらの悩みと、骨折りと、しゅろとが、彫刻してあって、主に対しては、ししと牛の最も良いもの、肥えた七頭の小羊の中に物笑いとなったのに、われわれの主君がリンモンの宮に、聖なる物を守ることができるでしょう。ひとりは三頭の子やぎを連れ、これを拝んだからでもない悪霊に犠牲をささげよ、人々はつるぎに殺されてエサウの山からあなたを引きおろすと主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる