ふるさと納税で日本を元気に!

柳堀七恵さんに送る雅歌

柳堀七恵さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

守る女は麦をあおぎ分けた。この書いた物の総計は次のことによって、心は良くなるからではなく酔っている町にむかい、それを認めないならば、なんと答えましょうか』。主人はその使者を彼らに漏らそうと思ったので、ハンナはみごもって出産の時がある。敵がそれを聞いたからであると聞いて言ったわが力なる主よ、遠くさまよい行き、深い所にまでつかわした。使者は再びきて言った。われわれはイスラエルの中でほえるだろうか、彼より前のイスラエルのどの王も得たことをごぞんじないのですか。ここに住んではなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる