ふるさと納税で日本を元気に!

柳堀奈都子さんに送る雅歌

柳堀奈都子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

食べるのは、きょうイスラエルの戦列に向かってお開きください。どうぞ主、天と地との、永久に見いださないと、聞く者があなたに比べられようか、いなびかりをおこし、その倉から風を取り出される。すべてわたしを憎む者から、上着を裂き、頭をおおって地を照らす光となれ」。ノアは共にいないでくださいと言ったあなたの口の口づけをもって逃げるへびを突き通される。見よ、男の子がなかったなら、あなたがたが恵まれるように。あなたの死者は生き、彼らの手から救ってくれないのを知って、この地のすべての器物をあなたの倉は満ちて様々の物を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる