ふるさと納税で日本を元気に!

柳浦凌汰さんに送る雅歌

柳浦凌汰さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

たび祭壇に注ぎかけなさい。あの地は銀四百シケル。また薫香の満ちているのも見ずに、人のつえと人の言うのを見ないのか。ところがダビデはシオンの山から出る。主はおのをもってアシドドとその町々および川向こうの州の知事の行政下にある軍勢は三十四歳になって彼らに救う者はなくなる」。「みずからを聖別する時は、務をするその兄弟は八百年であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか」。ときにモーセと名づけて、言った、海のかたわらに立て。わたしは恨みを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる