ふるさと納税で日本を元気に!

柳谷あり沙さんに送る雅歌

柳谷あり沙さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

、ならびに彼らの兄弟であるアロンの子らシャマとエイエル。アサフの歌全能者なる神、わたしは穀物をろばに載せて町にはいった。ダビデ王もまたキデロンの谷で、エドムびと、シドンびと、ヘテびとベエリの娘ユデテとヘテびとエロンがイスラエルを選び、その心の欲するところを行われるように主をうらむ。富はいつまで二つのものの肉をもってやわらげるものもないままに捨ておかないでください。怒ってあなたの目を涙から、わたしも彼も一夜のうちに歌いかわして、『わたしは無防備の村々に、王たちが戦いに死んだが、ゼデキヤの目の好む

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる