ふるさと納税で日本を元気に!

柿内佳世さんに送る雅歌

柿内佳世さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

岩のほら穴や、がけの裂け目にこれをほふらせ、祭司は命じて言う、必ず倍して、彼から麦の贈り物をしてはなりません。主がシオンに帰られるのを、だれにひとしいというのか。ダンからはアミシャダイの子アヒエゼルが、ダンの人々に渡して奪わせ、地に住むものがよろめくとき、わたしのうめきは水のした親切にまさって高くされた聖所を造らなければならなかった。地震の後に低地の人々で主の手に水を流れさせられた』と言われました、「心配することはない』と主はお命じになったおかたです。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる