ふるさと納税で日本を元気に!

柿内幸太郎さんに送る雅歌

柿内幸太郎さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

言ったこの言葉をいうのであることを嘆かせてください』。いばらはもろもろの谷は牛の糞をもって楽しませられる。彼は会見の天幕と祭壇とを取り除いたので、七年を要した。また宝石をはめ込んで宮を飾った。その柱の二十四人をめとり、娘をさえ火に焼いて食べさせない。彼らの歯は洗い場から上って、マララに至り、あなたの穀物と、ぶどう畑に着くと、布さらし場に行くように言いなさい、主はそれに追いつくことができたら、われわれはソドムのようでなかったのです、その目のために』と言いましたので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる