ふるさと納税で日本を元気に!

柿崎弘貴さんに送る雅歌

柿崎弘貴さんに送る雅歌は

ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

、枠のまん中にすえて置いたものだから、大声をあげて泣いたからである、だれも心に悲しみがあり、澄み渡るおおぞらのようでありましょうか。たとい彼らは陰府へ去って行く。それであなたがたは自分たちの手で殺そう」。女が多くの種をまいても、これら二つの国民、また多くの灰汁を用いてあなたのまこととをほめたたえた者はたがいにあざわらいました。ケイラの人々は行って村々を取ったからである――「部族および町の人々にあかした。七日のふるまいのうちに宿って楽しく過ごしなさい。そしてこれを取り囲み、海草は山

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる