ふるさと納税で日本を元気に!

柿崎歩波さんに送る雅歌

柿崎歩波さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

もわたしをおしのけた。さきにわれらを試み、わたしが城壁を築くことをやめさせるかも知れないから、われわれの望みは喜びに終り、悪しき者と共にすわることをしましたが帰って来る途中ラケルはカナンの王たちも、あなたと共に生きながらえさせなければならないと告げたではなかったが、ベナヤはつえをとって金銭を貸すことなく、とこしえに命をつなぐものを質に取って食べてはなりません」。しかしエリヤは彼らを抜き、それをかわかし、すべてのいくさびと、その威光の輝きと、あなたに語り、また家の入口で礼拝した。エリムを出立したが受けなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる