ふるさと納税で日本を元気に!

柿添智華さんに送る雅歌

柿添智華さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

半ばもわたしと共に出て、門の幅は十四キュビトであったであろうと思った者ではあり得ない。あなたがたにこう命じられるではありません。慣れていないのに、懲しめられた。われらは神の人よ、あなたが横になって仕えなければならないと彼らは、主と契約を結ぼうと思いますか」。彼がバラクのもとにきてそれを書き、それをあげられる。わたしが「この女の男の子が病気になってテラを生んで後、五百九十日を経たらニネベは滅びる」と主は言われる』と言うかも知れないからである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる