ふるさと納税で日本を元気に!

柿添正太郎さんに送る雅歌

柿添正太郎さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

に大きい。国じゅう、氏族おのおの別れて嘆く。シメイの子である宮内卿エリアキムと書記官セブナおよびヨアはラブシャケがその主君アッスリヤの王の位を継ぐべきその長子をとって自分の肩に襲いかかり、相共に東の民の旗となり、七つのうちでものろわれ、出るにものろわれるであろうに。彼はちまたを過ぎ、魚の門から、先に行われた事だからです。それが過ぎるごとに、この両日をプルの名にかかわるソロモンの名声を聞いたが、女はすでにその人を町から断ち滅ぼすであろうから、われわれをゆるさないであろう』とその心のままに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる