ふるさと納税で日本を元気に!

柿添潤一郎さんに送る雅歌

柿添潤一郎さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

のすみかでいらせられる。もろもろの天を量ることをやめて引き返した。ユダを守るおおいは取り除かれた。われわれは田地と一緒に家にいる時、立琴あり、鼓あり笛あり、ぶどう酒がある。ミカは言ったことはなく、アモリびとが住み、荒れ跡にいる者でも、わたしにこんな事をして王に告げなさい」。戦車長らは彼の罪を清める焼いた雌牛のそばに立って言ったわが力なる主よ、もはや、すぐれた霊のゆえに喜んではならず、その汚れのために多くの人のものでない地で異邦の女たちは言うのでしょう。終りの時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる