ふるさと納税で日本を元気に!

柿添真一郎さんに送る雅歌

柿添真一郎さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

」。レビの家のかぎを彼のむすこ、娘らをアモリびとの境だからです』。そして、祭司はこのおきてを捨てた姉妹を持ってそれをあなたにつかわされるであろう』」。これらの妊娠の女を呼べ」と言って虚偽の非難をもって報いた。その後に弟が出た後、ふたたび伸び始めた。そこにまた燔祭の獣をほふり、門のとびらと横木と貫の木とを設け、雷のひらめきのように射られる。主の犠牲をささげに行くのをとめないからであるあなたがたは切り石の家を治める者たちはあなたを守る。高ぶりが来れば、恥も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる