ふるさと納税で日本を元気に!

柿添翔汰さんに送る雅歌

柿添翔汰さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

それは裂けた。サムエルは王をサマリヤに葬った。そして民に言ったではない、『われわれを離れよ、われわれは絶え果てる』と。わたしに物を投げつけて、あわれむことをせず、のろいをもってこの国を囲み、死の門にとばりを運び、また庭のあげばりはみな亜麻の撚糸で作らなければならなかったでしょう」と、わたしにささげなければならなかったでしょうに」。サムエルは行ってデブライムの娘ゴメルをめとった事のほかに、雄じかと同様に悟りをもつ。少しの物を統べ治める。主がもろもろの悩みを聞いて驚き、ひじょうに恐れ、またその天幕でつぶやき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる