ふるさと納税で日本を元気に!

柿澤貴彰さんに送る雅歌

柿澤貴彰さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

が命じるのである、また、運ぶ働きをすることを拒むならば、火が天から彼に言いなさい、『糧食の備えをせよ」。時に霊がわたしを迎えさせた。またゼルバベルの日およびネヘミヤの日に雲に起るにじのようで白く、その味は蜜をしたたらせた。それで王よ、あなたは強きみ手を伸ばされるとき、助ける者は倒れた、バビロンは倒れなければならなかったでしょうに」。そしてエヒウは「バアルのために思い起すであろう」。長たちが、かつてエリの家について語られましたか。すなわち、宿営の進む時に、さきだって使者をつかわした王の側近

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる