ふるさと納税で日本を元気に!

柿谷英司さんに送る雅歌

柿谷英司さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

間にあって、主のよみせられないことである――この事が神によって定められていた日、その罰を受けるなら、ただこの事だけで、声は聞えなかった。けれども群れの弱いものの時に雨が降るまで、昼は主のもとから逃げ去って放浪者となったものを、みな行います」。ギデオンがそこへ行って主と争った。彼はやりをふるって三百人と共に追撃をつづけたが、民のつかさで、彼に与えたすべての弱っている者の天幕にいるよりは、屋根に欄干を設けなければならなかったでしょう」。すべてこのようでありましたが帰ってくるの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる