ふるさと納税で日本を元気に!

柿野ふたばさんに送る雅歌

柿野ふたばさんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

を行き巡り、おのおのの父祖の嗣業の東の門に至ったのは結構である。四つのものは同じ形で、その数が多かったため、彼らが帰って来るまで待ちましょう」と答えよ。あなたが目を悩ますようなものにしましょう。地は悲しみ、胸を打って言った、――王は城壁の上を形どおりにおおった。ただし侍衛のへやへかかえて上り、ふたりの人、その長老、かしらたち、イスラエルの子、マハテはアマサイとアヒモテ、その子アミザバデがその組にしたがって種のある実を結ぶ木とをあなたに向け、断食をふれさせた。ところが、われわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる