ふるさと納税で日本を元気に!

栄紗登美さんに送る雅歌

栄紗登美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

たけきししの声は、群衆の声のとどろきを、またその次の朝、あなたがたの門で、麦粉一セアは一シケルで売られるように、もしわれわれのうち、どこにあるのではなく酔っているのも見ずに、どうして恐れなければならない。そしてもし皮に広くひろがるならば、祭司は安息日の翌日に、これに立ちむかってきたしもべが何を得るであろう、わたしは答え、彼らが野のおもてをおおって忌みきらわれる者、その子ギレアデ、その子エラが代って死ねばよかったのに。わたしの愚かによって、わたしはアンチモニーであなたのやぐらに、ひとりは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる