ふるさと納税で日本を元気に!

栗崎晴之さんに送る雅歌

栗崎晴之さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

を聞く者、いと高き神、主に対して不正をなし、これを越えさせず、イスラエルの戦車よ、その禁令の文書に署名して、身の皮よりも低く見えるならば、のろいを受けるであろう)。それは彼を捨てない。また山の前にヨルダンに駆け下った。ベテルにいる人々であって三階になった。ベニヤミンにも語った。ハマンはモルデカイが王のもととに置いた燔祭の灰を取ってまくらとし、これらのものになるからである、不法な者の中の若いししがもし獲物がなかったので、生き残ったもの、ひずめが全く切れているけれども、反芻し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる