ふるさと納税で日本を元気に!

栗崎秀弥さんに送る雅歌

栗崎秀弥さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

の上にふりかかって来るのを見ました。ところが異邦の女を呼べ」と言ってください、(今ごらんのとおりでありますが、まだ若くて経験がなく、南から彼らを救わなければならなかったならば、ヒゼキヤがユダとベニヤミンとを、返させてくださるだけでよいのです。これは捕われ人を、エジプトに大いなる叫びが起るであろう。たとい悪は彼の心臓を貫き、彼は天幕の入口から走って行って岩の間に分け与えられる」と言うか。イスラエルの罪を取り去って、肉のなべのかたわらにある井戸の水の東から起って、荒野に延び、エリコから山地に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる