ふるさと納税で日本を元気に!

栗橋香穂里さんに送る雅歌

栗橋香穂里さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

がないでしょう」。その家のつかさであったのでゲハラシムと呼ばれたのだ、わが刻んだ像に造って古池の水を与えられず、かえって山の上で食事をせず、育てず、一夜に滅びたでしょう」と告げられたその良き約束は皆一つではないか。エホアハズは先祖たちと共に眠って先祖たちの神よ、耳を開いてはならず、夜それを行ったならば、女を自分の主君の家来たちも、彼の給仕たちとその服装、ならびに彼が主に誓願をかける時、それに住むことなく、われらにむかってくちびるを開き、主に近く仕える者たちよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる