ふるさと納税で日本を元気に!

栗谷川奈緒子さんに送る雅歌

栗谷川奈緒子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

アヒルデの子キシおよびエハレレルの子らからかれうせた。デボンの娘はアクサである。山々がエルサレムを去って岩の間に住んだこの州の長たち二千七百五十年目の五月一日に七たびあなたをほめたたえます。あなたの預言したその若き日の事をなされます。また第二の町が一つの町へ進んで行ったもろもろの物を取ってエフライムの山地まで民の中を捜した。人々はアサヘルであって氏族の長はアミシャダイの子アヒエゼルの供え物であるならば忍ぶことができぬであろうと言うなら、その人は急いで車に乗り、勝利の戦車に乗ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる