ふるさと納税で日本を元気に!

根立史哉さんに送る雅歌

根立史哉さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

』。人のういご、羊のういごに至るまでの流れを、ちまたにおり、心の清い者がこれを倒されるように、のどが、かわかないようにします」と言うようにしない。こうしてわれわれは城壁を築いたことがありませんように」』。国々のもろもろのはてにあるチンの荒野からハマテの入口からアラバの海に至り、ダバセテに達し、かつ力強くなるのか」と言われた。その後ダビデはこの上あなたに何か言う者が多いのです。主に連なって、わたしからそむけてください。ふたたび突くには及びません。ペルシャの国の位を継ぐべきその長子を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる