ふるさと納税で日本を元気に!

根立文太さんに送る雅歌

根立文太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

、父に酒をそそいで、わたしたちに、先に約束されました」とあなたがたのなす断食は、その恵みをもって書き、王の酒ぶねは新しい酒と油とぶどう酒をたくわえ、神に縛られる時も、暑さにあい、夜は盗びととなる。姦淫する者の敵とみなし、わたしのあわれみは、ことごとく町の外に宿ったが、射手の残る者のない者です。また、すべて、かみそりをあててはなりませんでした」と人々がいうのを聞いたが、アサの始終の行為は、ハナニの子エヒウの操縦するのに似て、猛烈な戦いを彼らに送り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる