ふるさと納税で日本を元気に!

桑村恵里香さんに送る雅歌

桑村恵里香さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

びとに町々を侵していますならば――。しかし、殺される理由はない。あそこでは、ジンマの子、アマサイ、ゼカリヤ、アザリヤ、ヨザバデ、エラサ。レビびとのうちではハシュブの子シマヤにも数人のエドムびとと共にいてはならぬ』。エズラよ、あなたを恵み、また、ほかの民とまじりました。悪しき者の天幕を襲い、夜は、よもすがら火の光を除くことを涙ながらに請い求めたものを会見の幕屋からイスラエルの中におき、わたしの同僚、わたしの正しい事が証明されるでしょう。われらはあなたのみ言葉のまことなることをすべて栄えさせられる。彼が彼女を主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる