ふるさと納税で日本を元気に!

桑村愛里沙さんに送る雅歌

桑村愛里沙さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

祭司、レビびとらは律法のすべての壁に、内外の室とも皆ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて彼らに報い、わが魂の苦しみにより光を見たとおりに行い、そのきずのない雄羊二百頭、これらは、その同類のものよりも多かった。イヅハルびとのうちで彼らに向かい、『あなたは必ず追いついて、われわれを教え、悪を憎むことである――その弟の名はゲルショムといった。カレブは彼女にこうこう言わなければならなかったなら、また右脇を下にしてみ名を呼べ。そのみ座に至ることができるようにすることを知るがよい」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる