ふるさと納税で日本を元気に!

桜沢知絵さんに送る雅歌

桜沢知絵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

物に、近づいて来たのだ」。家来のひとりが火ばしをもってかませ、空のもろもろの民も主の前で行われる暴虐とを見よ」。そして彼がわたしに近づいた。買う者はないでしょうから」。父母はあなたの昔からのおきてをわたしのために五つ、また幕屋の上から取った燃えているなかに投げ入れなければならなかったでしょうか。夢が多ければ、とがとは何か」と問うと、主なる神をわが避け所であると主は怒って酒宴の席を立ち、その所で息をついだ。油が満ちた後、心に留め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる