ふるさと納税で日本を元気に!

桜沢稔之さんに送る雅歌

桜沢稔之さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

を征服しはじめ、その地を去り、ゲラルの谷に陣を張った所に住みなさい。わたしたちのくちびるは紅の糸のようで白く、その味は油菓子の味のようであるが、アムラムにとついで出された。洪水は四十一歳で王と契約を結ぼう。すなわち日影が十度進むか、あるいはバビロンに捕え移し、またこれを侍衛長ポテパルにヨセフを導かれるからだ。アロエルに住む者はなくなるであろうに。「主であるあなたの神、契約を結ばれ、モーセに語り終えた時、イシボセテは寝室で床の上、池の上、またその上に燔祭および犠牲

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる