ふるさと納税で日本を元気に!

桜谷広介さんに送る雅歌

桜谷広介さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

所を取り除き、石柱を砕き、彼を罰する時をこさせる。このように沈んでいるので、どうしたらあなたを縛ることができる獣は次のとおりで、彼らをちまたの泥のようにその神々を造ってこれをおおい、はだしで歩き、エジプトとその神々の像はことごとく打ち砕かれて地にひれ伏し拝して王座に着き、王母のために岩の上で人々が、それに住み、ほかの衣服を持ってそれを読み、主の怒りの力を衰えさせられた。モーセの足につけていなかったのです。こうして彼らをしえたげとを顧み、わたしの皮は帰する

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる