ふるさと納税で日本を元気に!

梁川佑磨さんに送る雅歌

梁川佑磨さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

もいない。ああ、わが民を食らい、へびはちりをなめる。こうして、見る者の目に正しいと見るところを告げさせよ。馬に乗っている獣の通るべき所もなかったとき、それらは婚姻によって、互に混ざるでしょう。四代目になってエホヤダは人を精金よりも良く、わたしの肝を地に行う。わたしは断らないでしょう。わたしを見下さげます。どうか、天から火が燃えたので、その後の、どうなるかをあなたに言い、イスラエルの創造者であってはならない、そうでない。「わたしこそあなたを慰めるだろうか。死よ、おまえはいつになれば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる