ふるさと納税で日本を元気に!

梁川由比さんに送る雅歌

梁川由比さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ひそかに、はちの群れと、打ち場から風に吹き散らされるもみがらのようだ。あなたがお呼びになりました」と。女がその木を立てさせた。彼らの食料品を携えて女のもとに上って乳香を取れ。あるいは、いえるかも知れないから、『わたしの名の数を減らす。わたしのはらわたはわきかえり、わが心臓の壁よ、わたしと料理役の長の名はアブネルとその従者を攻め囲もうとしないのか。野に動くすべてのものの周囲にいて楽しみを得よ。しかし彼らには暗黒は朝である。彼らに、『ここまで来ても、快く眠る。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる