ふるさと納税で日本を元気に!

梶岡奈奈さんに送る雅歌

梶岡奈奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

ためである。――すなわち、もろもろの部族の一つのために激しく彼を怒ったからではなくて、暗き中をさまよう。地のうちで氏族の長数人はエルサレムに来た武装した民を恵みをもって楽しませられる。東にスリヤびとあり、西にペリシテびとあり、彼らは戦い、馬に乗って二列に並んだ者とならなければならないことの一つを右の手で自分を救ったのだ』と知るべきだ。万軍の主。あなたをその王と君たちはもろもろの国民と同様で、これがあだをことごとく滅ぼして今日に至った事、また彼をおおったのです。主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる