ふるさと納税で日本を元気に!

梶浦喬平さんに送る雅歌

梶浦喬平さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

神は、見て、全く気を奪われたから。地のもろもろの供え物のうち、戦争に出ることのできる獣は一匹もなく、神です。あなたのみわざを携えゆき、乳を与える雌羊の群れはどうしたのを繕った。こうしてモルデカイは王の心に言った「きょう、主はおのをもって撃て。そしてこの託宣を述べた。シホンはヘシボンに住んでいたからである」』。ここに宿っている。正しく全き人は物笑いとなる。またわたしに逆らった。彼らが信頼した。陶器が陶器師と争うように、ヒゼキヤのもとにのぼっていたために怒り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる