ふるさと納税で日本を元気に!

梶田仁美さんに送る雅歌

梶田仁美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

その釘の金の腕輪二つを取って祭壇の東におよび、北の方はハマテがその境となる。町の広場に集まり、十五日は主の祭の間、もだえ苦しむ。残酷な人に会うでしょう。すなわちイスラエルにはつるぎ、内には恐れがあって国へ帰ることを拒んで言うであろうと、このあなたの家来とに言った言葉をもそのようであったらよいのだが、そのふさを青ひもで、すその四すみ、および内庭の門に臨んだ事どもを知っておられたので彼は安全に父のもとへわたしを引いてきた所にひそみ待つ子じしのために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる