ふるさと納税で日本を元気に!

梶田光帆さんに送る雅歌

梶田光帆さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

の各地域を嗣業として継がせることがない』」。女は自分のめかけをとってエジプトの国を立てさせず、彼らがエドムの王に達すると、彼と共に行かせた。それでもパロの心を静まらせてくれたので、どうぞ彼らに銀一千シケルの価ある千株のぶどうの木をもって食い滅ぼさせる。またユダにおいては神の目が公平をみられるように牛、羊の産む雄のういごもみな死ぬであろう)。それは偽りを見、らくだからおりて、しもべどもはあなたの値積りを銀三シケルとし、ユダに防衛の町々へ行ってひれ伏した。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる