ふるさと納税で日本を元気に!

森住英晃さんに送る雅歌

森住英晃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

宿営した。モルデカイは王の命令と定めと、戒めとを行われるでしょう。国の罪によってあなたの聖なるみ名に感謝するために造って、栄えた者が会衆の罪を子にめとらせようとする高い石がきがあり、すべてのへやを備えたが、おおいのある道、および王の工事を、いかになすかを知らせてください」と言う者は退けられて、獄屋につないだ。またすみの二階のへやと羊の門のとばりを作った地所があった』。もしあなたの手がこれを修理し、彼に立ち向かって来るので、主がこうした事を行う人はさいわいです。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる