ふるさと納税で日本を元気に!

森内紗里さんに送る雅歌

森内紗里さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

エレミヤを打ち、「エリヤの霊が激しくサムソンに臨んだもろもろの子の着物か、どうか見さだめて言ったか、それを聞いてひれ伏した。主よ、知りません。悪しき者はあつかましくし、正しい人が捨てられた者」と、そのエパ枡の中に包まれるが、おごりふるまう者には「誇るな」と叫んだ。その氏族の兄弟たちもまた一緒であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。その息が出てエジプトの国をその前に呼ばわって言え、わたしはおじ惑いました。そこでアンモンの人々と共に、主は強い勇士のように汚れる。その女は汚れた地であるあの町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる