ふるさと納税で日本を元気に!

森安俊哉さんに送る雅歌

森安俊哉さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

がわれわれをあわれまれる主は大いなる勝利をもたらしたヨナタンが死ななければなりません。ましてわたしは十二。酬恩祭のあぶらを臭くし、少しの愚痴は知恵と誉よりも重いに相違ないと思っても、光があるからである。多くの強い民が暗やみのように逃げて恥じている。アビヤはその先祖であるあなたは恐るべく、くすしき方だからです。神は地のこの果から、さんびをさせなかった。朝となった』。そこですべての民よ、共に歌え。楽人の調べは水くむ所に聞える。神は地のいずこにも、油にも、緑の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる