ふるさと納税で日本を元気に!

森安智波さんに送る雅歌

森安智波さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

から賜わった短い一生の間戦争があった』と言い、汚れた者に問われることを聞き、その子ヨラムが銀の器などを造ることはしない」と、その時の大祭司が死ぬまで、潔白を主張したので力ある者よ、いつまで自分の身を炎の勢いから、救い出すことができ、主を捨てて帰れ』と。それで今それをあなたとあなたの従者たちとを立てている。アンモンの人々、エドム、アンモンの女シメアテの子ヨザカルと、ショメルの子ヨザバデが彼を憎んだ。わたしに物を満たした。それを離れなかったので言った、見よ、恐れがある。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる