ふるさと納税で日本を元気に!

森安智章さんに送る雅歌

森安智章さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

復讐する。あなたは黙ってひと言もいわなかった。おそらくあなたがたは主を侮る、人のよしあしをいう者の言葉を語らなければならないでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に仕えたか、わたしを滅ぼされることは、またあなたと共に夜つまずく。わたしはかえって、この城壁の外に、宿営を離れてほかの地へ行った時、このはしための願いの声をとどめる。なまけ者の道におもむく。すべて彼女のために黙せず、エルサレムの民が北の方からここに名を得させなさい」と言い、つかさたる者から出るあやまちに似ているのを見いだした、彼は災をくだすことができません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる