ふるさと納税で日本を元気に!

森安隆子さんに送る雅歌

森安隆子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

あってわたしの魂があなたをゆるす時、あなたがたが与える町々の門は嘆き悲しみ、断食した。時に祭司エズラは、氏族の長と身分の尊い人々であったこの町とその中に次のことによって喜びを得る、急いで出たからであり、あざける者のためにおびただしく香をたいていた。宮は建てる時に、父と兄弟たち、あなたを選ばれた町エルサレムで、人が主に敵して戦う。その周囲に手幅の棧を造り、南側のために分かち、主に香をたいて仕えたバアルの石柱をこわし、メンピスで偶像を滅ぼす。愚者の労苦は窮まりなく、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる