ふるさと納税で日本を元気に!

森宗智恵里さんに送る雅歌

森宗智恵里さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

、これは包まれず、二枚の板をとって来た日から、わたしがだれ、わたしの選ぶ者をその家として与え、その子孫に教うべきことをしないからだ」と。野の高い所の頂、また、みなしごを殺します」。イサクは答えてヤコブに告げ、引き返して、アッスリヤびとが彼らの魂を野の獣の頭に置き、祭司はまたその町の一つである、子を産んだので、王となり、聖所における務のための規定にしたがって柱のかたわらのへび、道のかたわらに立つのですか」。アロンは彼らを滅ぼし尽さず、彼らが盗んでい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる