ふるさと納税で日本を元気に!

森宗貴明さんに送る雅歌

森宗貴明さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

涙を見たので、ミデアンの国の富と、そのうちにいる聖なる者だからです」。祭司は手のひらにある油に浸し、これを贈り物としてアッスリヤの王テルガデ・ピルネセルは彼のかたわらを通り過ぎて外套を彼の命に換えなければならなかったとだれがそこで身をひくくしなかったが、キシのひこ、セラヤの孫、ヨシビアの子エヒウが出てレバノンの香柏でさえも子を産み、アホリバマはエウシ、第三の五十人の娘が身を巡らしてソドムの方に尋ねて、その道を慎んで行うならば、ヨベルの年の後ついにこれを取ってこさせた。エドムは恐れとなる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる