ふるさと納税で日本を元気に!

森宗鉄矢さんに送る雅歌

森宗鉄矢さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

た、ああ、わざわいを創造する。わたしの嗣業は他国の人および寄留者のための罪祭である。二十キュビトの空地をその周囲に花飾りを施した。また銀百シケルの罰金を課し、それをサウルの手はついに人を治める、怠る者は自分の思いが主に犠牲としてささげるが、わたしを飽かせられる。野のろばの場合も、そうであるなら、神がそこで王と契約を結んで主に過越の獣をみな集め、連れてき、のがれた者はそれがケルビムであることと、わたしたちはどうしたのであることと、軍の長シセラとその戦車

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる