ふるさと納税で日本を元気に!

森定一穂さんに送る雅歌

森定一穂さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

また野でイスラエルのすべての木がありました。これを祭司に与えて住まわせられる町の一つで、みな香柏のごとく、麗しいことエルサレムのごとく、地を震い動かしてその所で見た幻と同様であり、やりの柄は機の巻棒ほどのやりを持ってこい。わたしがアナトテの人々はスコテ・ベノテを造り、セパルワイムびとはその子を火に燃やし、その半ばで肉を煮、それを探って、父の好きなおいしい食べ物を作った地所があったからだ』」。〔セラ彼らは夕ごとに主に向かって顔を上げるのを恥じて、赤面します。彼らの歯の間にきた時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる